豆乳青汁とはの解説
青汁の効能と種類

豆乳青汁とは

豆乳青汁は大麦若葉、明日葉、ケールなどいろいろな野菜に最近人気の豆乳を混ぜ合わせた栄養機能食品(ビタミンC)です。

豆乳が入っているので、良質のタンパク質をはじめイソフラボン・レシチン・サポニン・リノール酸などの大豆の成分を補うこと ができます。さらに豆乳にはビタミンB1、B2、B6、ビタミンEがたっぷり含まれているため、肌の健康を維持するのに有効です。 ほかにも、特に女性に足りないことが多い鉄分は、牛乳の10倍以上もあり、カリウムとマグネシウムも多量に入っているので、 骨粗しょう症の予防として効果があります。

また、豆乳は大豆食品のうちでも栄養を吸収しやすくなっています。

※栄養機能食品とは「身体の健全な成長、発達、健康の維持に必要な栄養成分(ビタミン・ミネラル等)の補給・補完に資する食品で あり、食生活において特定の栄養成分の補給を主たる目的として表示をするもの」と定義されています。




青汁の効能と種類のトップページ

おすすめ青汁↓
Designed by 無料素材如何