モロヘイヤ青汁とはの解説。
青汁の効能と種類

モロヘイヤ青汁とは

モロヘイヤはジュートと呼ばれるシナノキ科の一年草です。エジプトを中心とする中東地帯で昔から食べられている野菜です。

モロヘイヤは、葉を湯でて細かく刻むと独特のヌメリが出ます。 これは粘性多糖類の一種で、ムチンやラムノース、グルクロン酸を含んでいます。 この粘性多糖類は強い保水力を持ち、腸内の有害物質を吸着し排泄する作用があります。 一般的には水溶性食物繊維といわれています。そして、粘性多糖類は胃腸粘膜の表面を保護し、細胞を活発化させます。 ですので、胃腸の弱い方にモロヘイヤの青汁はおすすめです。


青汁の効能と種類のトップページ

おすすめ青汁↓
Designed by 無料素材如何