錠剤の青汁とはの解説
青汁の効能と種類

錠剤の青汁とは

青汁を固めたものが錠剤タイプの青汁です。錠剤なので、青汁は苦手という人は、 青汁の錠剤を利用するとよいでしょう。また、手軽に持ち運びでき、外出先でも気軽に飲むことができます。 食品ですので他の薬との併用しても問題ありません。

けれども、加工していますので、栄養素は損なわれてしまう部分もあります。コップ一杯分の青汁とおなじ量を摂ろうとすると、 錠剤タイプなら2〜30錠が必要です。

粉末タイプや冷凍タイプの青汁を飲むことができるのなら、普段はそちらを利用して、錠剤タイプの青汁は外出用にするとよいと 思います。



青汁の効能と種類のトップページ

おすすめ青汁↓
Designed by 無料素材如何