青汁飲んで認知症、動脈硬化予防!の解説
青汁の効能と種類

青汁飲んで認知症、動脈硬化予防!

認知症の予防に効果的なのは、緑葉野菜がたくさん含んでいる葉酸を取ることだといわれています。 葉酸には、血液中に蓄積するホモシステインの濃度を下げ、認知症と関係の深いアルツハイマー病や、 動脈硬化、心筋梗塞を防ぐ働きがあるからです。

ではこの葉酸を、毎日どのくらい摂ることで、認知症を予防することができるのでしょうか?1日に必要とされている葉酸の量は、 厚生労働省によって定められています。成人男女の所要量は、1日に200gの葉酸が必要とされています。妊娠中の女性の場合は、 1日におよそ400gの葉酸が必要です。

葉酸は熱に弱いので、熱を加えて調理した野菜からは、あまり摂取できません。そして、体の中では吸収されにくい性質のものです。 ですので、1日に必要な所要量を摂ろうと思ったらなかなか大変です。

その点、ケールの青汁を100g飲むと、120g分の葉酸を体に取り入れることができるます。 毎日青汁を2杯飲むことで、体に必要とされる葉酸を摂りいれることができます。


青汁の効能と種類のトップページ

おすすめ青汁↓
Designed by 無料素材如何