青汁飲んでダイオキシン排出の解説
青汁の効能と種類

青汁飲んでダイオキシン排出

ダイオキシンとは、炭素、水素、塩素、酸素の4つの元素から構成されている化学物質の1種です。 化学物質の中で最も強い毒性を持っているといわれています。

国内で発生しているダイオキシン類のほとんどは焼却や燃焼からのものとみられています。 特に一般廃棄物(市町村が収集する家庭のゴミ)や産業廃棄物などの焼却から発生するものが多いとされています。

世界保健機構(WHO)の国際ガン研究機関(IRAC)は、ダイオキシンは「発ガン性」があると発表をしています。

ダイオキシンは、おもに食べ物から体内に入って肝臓と脂肪に蓄積されます。けれども食物繊維や緑黄色野菜にダイオキシンを 排出する働きがあるということがわかっています。

また、九州大学とキューサイが「青汁の飲用はダイオキシン類、有機塩素系農薬、PCBの 体外への排泄を促進する」ことを発表しました。

【関連記事】
青汁の飲用はダイオキシン類の 体外への排泄を促進することを発表

普段の生活で食物繊維や緑黄色野菜を摂取することでガンを予防に役立ちます。


青汁の効能と種類のトップページ

おすすめ青汁↓
Designed by 無料素材如何